¥5400〜革の破れ修理(接着して直します)

 
ライトグリーンの裏革のジャケットです。

2012-12-19 10.06.15

二の腕あたりにカギザキができてしまいました。

接着して修理します。

 

 

写真で順に説明します。

2012-12-19 10.10.11

 

裏に返して、傷の状態を確かめます

 

2012-12-19 10.15.44

裏から革用のグルー(接着剤)を薄くつけます。

 

2012-12-19 10.18.09

表からみるとこの状態です。

表から隙間にグルーを流し込み谷間を埋めます。

 

2012-12-19 10.45.16

谷間がなくなってきました。

 

2012-12-19 10.48.40

裏に返して、黒い当て布を張ります。

 

2012-12-19 10.51.31

もう一辺も同じようにします。

 

2012-12-19 10.52.21

この谷間をいかに埋めることができるかが、修理のポイントですね。


2012-12-19 11.14.24

このようにできました。

完成の写真です。

2012-12-19 11.24.01 2012-12-19 11.24.10

 

メリット

1、穴が閉じる。ご本人様納得の上、着用可能。

デメリット

1、もちろん傷がなくなるわけではありません。

2、ボタンの近くなど、力のかかるところには向かないお直しです。

洋服のリフォーム スレッドでは
日々のお直しの写真などをinstagramを中心に発信しています。

気になるお直しがありましたら、お手伝いできることがあるかもしれません。
ただ、現在は郵送での受付はすべておことわりしています。近くのお直しやさんをお探しください。
また、お直しはスレッド流(スレッドの技術とミシンと糸でできる仕上げ)になります。

¥7560〜革ジャン破れ修理

 
腕の背中側が破れてしまいました。

 

接着をしてお直しします

 

裏に貼る芯に革用のグルーを塗ります

 

破れてしまった革を補強しつつ、一枚にくっつけます。

 

上の写真を裏から見たところです

 

ミシンで縫い合わせました。

サイズが少し足らないようですね

 

アップの写真です。

ありがとうございました

 

洋服のリフォーム スレッドでは
日々のお直しの写真などをinstagramを中心に発信しています。

気になるお直しがありましたら、お手伝いできることがあるかもしれません。
ただ、現在は郵送での受付はすべておことわりしています。近くのお直しやさんをお探しください。
また、お直しはスレッド流(スレッドの技術とミシンと糸でできる仕上げ)になります。