(写真あり)¥10800〜革パンツを細く

 
ライダースパンツをサイズダウンします。

image

わたりはそのまま、
膝から裾にかけて細くします。

image

ずっしりくる革ライダースパンツです。

image

出来上がりを、お客さまに着用していただきました。

image

さらに、ももを細くする追加のご注文もいただきました。

お直しをすることで、着用するシチュエーションが変化したそうです。

もちろん、追加のご注文は大歓迎です。

ありがとうございました。

こちらのお客様のブログにこの革パンツの記事があります。お直しの様子も書かれていますので、参考にしてください。

 

次は別の革パンツです。

革のライダースパンツのわたり詰めです。

前から見るとそうでもありませんが、もものあたりがだぶついています。

この部分をカットして細くします。

 

またをほどいたところです。

革の余分な部分がわかりますね。

 

お尻側の革に、カットする部分の印を付けてみました。

 

出来上がりました。

ももの余分な部分がなくなり、すっきりしました。

ありがとうございました

 

洋服のリフォーム スレッドでは
日々のお直しの写真などをinstagramを中心に発信しています。

気になるお直しがありましたら、お手伝いできることがあるかもしれません。
ただ、現在は郵送での受付はすべておことわりしています。近くのお直しやさんをお探しください。
また、お直しはスレッド流(スレッドの技術とミシンと糸でできる仕上げ)になります。

(写真あり)¥4320〜パンツ(スラックス)を細く

 

最近はスーツのパンツも細くなってきました。


2012-11-14 12.05.37

このパンツを細くします。

腿の辺りから裾まで、周り全体で−4cmします

 

ミシンで縫うところに白線を引きました

 

スッキリと細くなりました。

最近は裾巾が20cm以下のご注文も多くなってますよ。

ありがとうございます。

 

洋服のリフォーム スレッドでは
日々のお直しの写真などをinstagramを中心に発信しています。

気になるお直しがありましたら、お手伝いできることがあるかもしれません。
ただ、現在は郵送での受付はすべておことわりしています。近くのお直しやさんをお探しください。
また、お直しはスレッド流(スレッドの技術とミシンと糸でできる仕上げ)になります。

¥2160〜ワークパンツをテーパード(細く)加工

 
綿のワークパンツを細くします

裾巾−2cm(全体で−4cm)

わたり−1.5cm

です。

カット用の白線を入れました

2013-05-01 10.10.33

 

 

出来上がりました

2013-05-01 10.53.09

 

 

同じお客様が追加でお直しされました

加工前

2013-05-04 14.43.46

 

 

加工後

2013-05-04 17.20.46

 

裾巾2cmもつめると、かなりイメージが変わりますね。

 

洋服のリフォーム スレッドでは
日々のお直しの写真などをinstagramを中心に発信しています。

気になるお直しがありましたら、お手伝いできることがあるかもしれません。
ただ、現在は郵送での受付はすべておことわりしています。近くのお直しやさんをお探しください。
また、お直しはスレッド流(スレッドの技術とミシンと糸でできる仕上げ)になります。

ジーパンのウエスト詰めとスリム加工¥6480〜

 
ゆったり目のブラックデニムを、ウエストとポケット下から裾までを少し細くします

デニムらしさがなくなってしまうので、あまりおすすめしていません。

 

 

ウエストは−2cm、ベルトループやラベルなどを外して細くします。

2013-04-04 11.40.28

 

 

ポケット下から裾まで、細くします。

写真は裏返しにして、ミシンで縫う白線を引いた状態です。

ふとももあたりで−4cmしています。

2013-04-05 17.36.55

 

 

ポケット下からの拡大写真です。

リベットなどデニム特有のデザインがあるため、サイズダウンには限度があります。

2013-04-05 17.36.43

 

 

完成の写真です。

かなりすっきりとなりました。

2013-04-05 17.57.33

 

ありがとうございました

洋服のリフォーム スレッドでは
日々のお直しの写真などをinstagramを中心に発信しています。

気になるお直しがありましたら、お手伝いできることがあるかもしれません。
ただ、現在は郵送での受付はすべておことわりしています。近くのお直しやさんをお探しください。
また、お直しはスレッド流(スレッドの技術とミシンと糸でできる仕上げ)になります。