パンツやスカートのファスナー(チャック)の交換修理

 
こんにちは、店長の加藤です。

今回は洋服(パンツ、ズボン、スカートなど)のファスナーが壊れてしまったときの修理方法をお伝えします。

スレッドのファスナー修理についてご説明します。

ファスナーのスライドする部分は、金属でできています。消耗品なので、壊れてしまうことがあります。

金具を交換して修理したり、ファスナー全部を交換して修理しています。(ジャンバー、コートなどのファスナー交換は承っていません。申し訳ありません。)

洋服のファスナーとカバンやさいふのファスナーは全くの別物なのでご注意ください

 

 

 

1、ファスナーの噛み外しなどの応急修理

パンツ、ジーンズ、スカートなど¥1100〜

ワンピース、ジャンバーなど¥2200〜

ファスナーが左右にずれてしまったときや、布がファスナーに噛んでしまったときなど、金具(スライダー)をはめ直すことで修理できることがあります。

このお直しはあくまで応急修理です。1度のご利用で再度壊れてしまうことも有るくらいの応急修理になります。なお、スレッドでは直らない場合もあります。

2、ファスナー全て交換(パンツ、スラックス、ジーンズ、スカート、ワンピース)

紳士スラックスなど¥3300〜

ジーンズなど¥4400〜

パンツ、スカートなど¥3300〜

ワンピースなど¥5500〜

 

市販されているYKK製のファスナーと交換することで修理できることがあります。

ジャンパーなどオープンファスナーの交換修理は承っていません。

ポケットや袖口などのファスナー交換修理は承っていません。

 

 

 

 

スレッド店長の加藤です。

スラックス裾丈詰めやパンツ裾丈詰め、ボタン付け、高校生制服スカート丈詰めの最短仕上げに力を入れています。

ご来店お待ちしています。

アクセスマップ

値段表

TOPページに戻ります

デニム ダメージリペア(スラックス、パンツなどは不可です)

 

店長の加藤です。今回はジーンズのダメージリペアについて説明します。

店長のダメージリペアは2種類あります。

1、膝や腿(もも)など縦糸が無くなって横糸だけになっているダメージを、横糸を少し追加して薄い接着の芯を当てて柔らかく縫います。デニムジーンズ限定です。

ジーンズ のダメージリペア 横糸を追加して補修(ソフト仕上げ)

2、もう一つの方法は、お尻など周りが薄くなってしまって丈夫にしたい場合は、裏当て布にデニムを使い硬くがっちり縫います。デメリットは、当て布の周りから破れやすくなります。こちらもデニムジーンズ限定です。

¥6600〜尻の破れ(特注ハード仕上げ)

 

ハード仕上げ、ソフト仕上げ共にメリット、デメリットがあります。

スレッド店長の加藤です。

スラックス裾丈詰めやパンツ裾丈詰め、ボタン付け、高校生制服スカート丈詰めの最短仕上げに力を入れています。

ご来店お待ちしています。

アクセスマップ

値段表

TOPページに戻ります

¥6600〜尻の破れ(特注ハード仕上げ)

 
お尻の破れは丈夫にするため、特注ハード仕上げにしました。

特注ハード仕上げは特別注文となりますので、店長に必ず「ハード仕上げで!」とお伝えください。

加工前

加工後

裏はお尻に一枚余分にデニムを履いています。

デニムを裏側に貼り付けることで、頑丈にしています。ただし2枚もお尻にデニムがあるため、硬く(ハードに)なります。

ベルトループに鍵などキーホルダーをかけるそうなので、裏に革をあて補強してあります。

ポケット口のほつれ、ミシンが入りにくいので難しいお直しです。

ポケット袋から小銭が落ちないように、パッチ風の修理をしました。

スレッド店長の加藤です。

スラックス裾丈詰めやパンツ裾丈詰め、ボタン付け、高校生制服スカート丈詰めの最短仕上げに力を入れています。

ご来店お待ちしています。

アクセスマップ

値段表

TOPページに戻ります

¥3300〜デニム 破れ 修理

 


Instagram
@thread_nagoya
に投稿した写真を表示しています。
閲覧数が多い写真はお直しの説明や値段を付け加える予定です。

スレッド店長の加藤です。

スラックス裾丈詰めやパンツ裾丈詰め、ボタン付け、高校生制服スカート丈詰めの最短仕上げに力を入れています。

ご来店お待ちしています。

アクセスマップ

値段表

TOPページに戻ります