デニム ダメージリペア(スラックス、パンツなどは不可です)

 

店長の加藤です。今回はジーンズのダメージリペアについて説明します。

店長のダメージリペアは2種類あります。

1、お尻など周りが薄くなってしまっていたり丈夫にしたいため、裏当て布をデニムを使い、硬くがっちり縫います。デメリットは、当て布の周りから破れやすくなります。デニムジーンズ限定です。

¥6600〜尻の破れ(特注ハード仕上げ)

2、もう一つの方法は、膝や腿(もも)など縦糸が無くなって横糸だけになっているダメージを、横糸を少し追加して薄い接着の芯を当てて柔らかく縫います。こちらもデニムジーンズ限定です。

ジーンズ のダメージリペア 横糸を追加して補修(ソフト仕上げ)

ハード仕上げ、ソフト仕上げ共にメリット、デメリットがあります。

スレッド店長の加藤です。

最短仕上げに力を入れています。お急ぎのお客様はご相談ください。

ご来店お待ちしています。

店頭にて、布マスク販売を始めました。

アクセスマップ

値段表

TOPページに戻ります

パンツやスカートのファスナー(チャック)の修理

 
こんにちは、店長の加藤です。

今回は洋服のファスナーが壊れてしまったときの修理方法をお伝えします。

1、ファスナーの金具のはめ直し、噛み外し

2、ファスナーの金具(スライダー)の交換

3、ファスナー全て交換

ファスナーのスライドする部分は、金属でできています。消耗品なので、壊れてしまうことがあります。

金具を交換して修理したり、ファスナー全部を交換して修理しています。(ジャンバー、コートなどのファスナー交換は承っていません。申し訳ありません。)

洋服のファスナーとカバンやさいふのファスナーは全くの別物なのでご注意ください

 

簡単な(お値打ちな)方から

1、ファスナーの金具のはめ直し、噛み外し

パンツ、ジーンズ、スカートなど¥1100〜

ワンピース、ジャンバーなど¥2200〜

金具(スライダー)をはめ直すことで修理できることがあります。(下に作業中の写真をのせました。)

左右がずれてしまった、布が噛んでしまったなどです。

直らなかった場合は、代金はいただいていません。

2、ファスナーの金具(スライダー)の交換

パンツ、ジーンズ、スカートなど¥1100〜

ワンピース、ジャンバーなど¥2200〜

金具(スライダー)を交換することで修理できることがあります。ただし、スレッドに在庫のあるYKK製の金具になります。金具のメーカーがYKKでない場合はできないことが多いです。(下に作業中の写真を載せました)

金具が歪んでしまった、金具が壊れてしまった場合などにこの方法を使います。

直らなかった場合は、代金はいただいていません。

3、ファスナー全て交換

紳士スラックスなど¥3300〜

ジーンズなど¥3300〜

パンツ、スカートなど¥3300〜

ワンピースなど¥5500〜

ジャンパーなどオープンファスナーの交換修理は承っていません。

市販されているYKK製のファスナーと交換することで修理できることがあります。

 

スレッドの店長が在店しているときは、1や2の方法を試してみることができます。写真で説明をしますね

1、ファスナーの金具のはめ直し

ファスナーが壊れてしまったときは必ず原因が有ります。

上の写真のズボンの場合は、ファスナーの上の方の金属のレール(歯)の部分がかけていました。

このお直しの場合はお客様と相談の上、上からはめ直してかけた部分に留め金を止めて修理しました。

メリットは、私(店長)が在店でしたら30分くらいでお直しできます。

デメリットはファスナーが一番上まで上がらなくなってしまうことです。

次は

2、ファスナーの金具のみの交換

写真でお直しの様子を紹介します。

2013-03-14 11.09.24
まず下の金具を外し、
2013-03-14 11.09.51
新しい金具をはめてから、
2013-03-14 11.12.24
最後に下の止め金具をつけます。

 

ファスナーの布が破れたりしていないときは、この方法で直せます。

YKK製のファスナーのときはこの方法で直ることがありますよ。

 

 

スレッド店長の加藤です。

最短仕上げに力を入れています。お急ぎのお客様はご相談ください。

ご来店お待ちしています。

店頭にて、布マスク販売を始めました。

アクセスマップ

値段表

TOPページに戻ります

¥6600〜尻の破れ(特注ハード仕上げ)

 
お尻の破れは丈夫にするため、特注ハード仕上げにしました。

特注ハード仕上げは特別注文となりますので、店長に必ず「ハード仕上げで!」とお伝えください。

加工前

加工後

裏はお尻に一枚余分にデニムを履いています。

デニムを裏側に貼り付けることで、頑丈にしています。ただし2枚もお尻にデニムがあるため、硬く(ハードに)なります。

ベルトループに鍵などキーホルダーをかけるそうなので、裏に革をあて補強してあります。

ポケット口のほつれ、ミシンが入りにくいので難しいお直しです。

ポケット袋から小銭が落ちないように、パッチ風の修理をしました。

スレッド店長の加藤です。

最短仕上げに力を入れています。お急ぎのお客様はご相談ください。

ご来店お待ちしています。

店頭にて、布マスク販売を始めました。

アクセスマップ

値段表

TOPページに戻ります

¥3300〜スラックスの後ろポケット口、

 

Instagramでの投稿を編集して表示しています。

破れ補修の様子。加工前と加工後。加工後のポケット口が小さくならないようにミシンをかけてあります。 #スラックス #補修 from Instagram

破れは閉じてありますが、直した跡ははっきりわかります。仕事で着用するのはお勧めできません,または上着を必ず着用しないといけませんので、ご注意ください。

 

スレッド店長の加藤です。

最短仕上げに力を入れています。お急ぎのお客様はご相談ください。

ご来店お待ちしています。

店頭にて、布マスク販売を始めました。

アクセスマップ

値段表

TOPページに戻ります

¥3300〜デニム 破れ 修理

 


Instagram
@thread_nagoya
に投稿した写真を表示しています。
閲覧数が多い写真はお直しの説明や値段を付け加える予定です。

スレッド店長の加藤です。

最短仕上げに力を入れています。お急ぎのお客様はご相談ください。

ご来店お待ちしています。

店頭にて、布マスク販売を始めました。

アクセスマップ

値段表

TOPページに戻ります